婚姻関係にある人がパートナー以外の人と

法律の中では、婚姻関係にある人がパートナー以外の人と自分の方から肉体関係を持つことを不倫といいます。すなわち、法律の上では、性関係になければ、一緒に時間を過ごしていたとしても、浮気とはいえません。男女の既成事実をつかむのは個人では難しいですが、探偵や興信所の力を借りるということも考えてみてもいいかもしれません。不貞の慰謝料は200万円前後が相場ですが、場合によっては50万円程度ということもありますし、ケースによっては400万円くらいのこともあります。実際は、離婚はしなくても慰謝料を請求することはできますが、金額は低いです。また、不倫相手の方が浮気を否定するケースでは必要なのは証拠です。無関係な人からみても明らかな不倫の証拠が必要です。あなたの配偶者が不貞を犯したら、あなたの配偶者と交際相手に慰謝料を請求することができます。ところが、あなたの配偶者が不貞を犯す以前から、同じ屋根の下で生活してはいるもののほとんど会話がない場合や、夫婦の関係が冷め切っていたときは、慰謝料を求めることが難しいでしょう。慰謝料は、あなたがどういった苦痛を受けたか、あなたの年齢、結婚歴等総合的に判断して裁判所に委ねることとなります。浮気調査で肝要なのは、浮気しているという確かな証拠を入手する事です。疑問が確信に変わりきらないケースでは次の段階に進むことが出来ないので、調査を続行するか否かを改めます。もしも浮気が確かなこととなれば、次にすべきことは、浮気相手の特定です。パートナーの日々の行動を追跡したり、見張りなどの方法も用いて、パートナーと不実を働いている相手を押さえるのです。不倫問題を相談したいと考えるなら弁護士に相談しましょう。離婚する方向に考えるのか、不倫相手から慰謝料を取る方向に考えるのかをまず考えてから相談するといいでしょう。もし、不貞の証拠を掴もうとしている場合には、探偵や興信所に相談するようにしてください。女性の場合、近所に住む奥さんや友人に相談してしまう人も多くいるのですが、噂の対象になりたくないのであれば、どんなことがあっても止めましょう。

ドライブレコーダーの通販はこちらです

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ